MENU CLOSE

メンバー

仲本 博之

代表取締役 / クリエイティブディレクター / プランナー

 

 

GUILDOKINAWAは広告制作プロダクションではありません。

広告業界で培ってきた能力をベースに作られた会社ですが、いわゆる「広告物」

だけを作っているわけではありません。私たちのミッションは、クライアントの課題を解決すること」、広告はそのための手段の一つと考えています。

現在のプロジェクトを例に挙げると、「商業施設への保育園開園提案、VI、設計」、「ホテル内ショップの新しい売り場をオープン」「専門学校のWEB広告とSNS運用」、「CIに伴う若手社員育成プログラム提案」など広告の枠を飛び越え、様々な領域での提案させていただいています。初回お打合せは「広告の相談」としてお話をいただくのですが、ヒヤリングを重ねた上で、その内容が広告では解決できないことであったり、それ以前に別の課題があったり、もしくは解決する課題の順番が違っているなど、クライアントが意図するところと、別のところに課題が見つかることあります。

そのため、「集客のための広告を提案してください」というお題に対して、先にすべき課題解決のために最終的には広告自体を取りやめ、新たなブランディングを実施することになったプロジェクトもありました。企業活動のゴールは何らかのベネフィット(利)を得ること。そこを目指すための道筋を考えることが重要であり、その考えの元では広告は絶対ではなく、多くの選択肢の一つとして考えています。

近年ではインターネットの日常化で、コミュニケーションは世界に広がりました。その広い世界から、最適な広告手段を探すよりも、違う課題を解決することで、容易に利益を生むことがあるはずです。競合の問題、流通の問題、売り場の問題、人事的な問題、そもそも商品力の問題。企業側で発見できなかったり、重要度に気づかなかったりする課題を見つけ出し、解決するには、その企業への深い理解と愛が必要でした。そのためGUILDOKINAWAはお客様との関係性をより蜜月な<パートナー>として迎えていただき、一緒に歩んでいきたいのです。

Facebook